2017
10
29

オニグルミノキモンカミキリ_17624

オニグルミノキモンカミキリ_17624
Onigurumi-no-Kimon-Kamikiri
A kind of long-horned beetle in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Menesia flavotecta Meyden,1886 ]
カミキリムシ科フトカミキリ亜科トホシカミキリ族キモンカミキリ属

オニグルミは河川敷などにもそこそこ纏まってあるためか、案外身近なカミキリムシです。
体長:6~10mm
食樹:サワグルミ、オニグルミ、(キブシ?)
分布:北海道、本州、粟島、佐渡、隠岐(おき)、四国、九州
時期:5~8月

ご参考:
http://insectk.web.fc2.com/zukan/z_aa01/oniguruminokimon.html

露出プログラム: マニュアル
露出時間: 1/200
フラッシュ: フラッシュ発光、強制発光モード、リターン検出されず
F ナンバー: 5
レンズ焦点距離: 105
ISO スピードレート: 800
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズモデル: AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
画像入力機器のモデル名: NIKON D800E

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) カミキリムシ

2017
10
29

オニグモ_17728

オニグモ_17728
Oni-Gumo
A kind of Orb-weaver spider in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Araneus ventricosus (L. Koch, 1878) ]
クモ目(Araneae)コガネグモ科(Araneidae)オニグモ属

丸く大きな蜘蛛といえばオニグモですが、町中で巨大な個体を見かけることは無くなってしまいました。
子供の頃、輪にした針金に、この蜘蛛の巣を何重にも巻きつけ、蝉捕り網にしていました。
昼間は隠れていることが多いのですが、この日はシダレヤナギのウロで見つけました。

露出プログラム: マニュアル
露出時間: 1/125
フラッシュ: オン、リターン検出
Fナンバー: 6.3
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) クモ目:蜘蛛

2017
10
29

ノブドウ・野葡萄_17810a-b

ノブドウ・野葡萄_17810a-b
No-Budou
A kind of porcelainberry in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Ampelopsis glandulosa ]
ブドウ科(Vitaceae)ノブドウ属
つる性の落葉低木で、エビヅル(ブドウ属)と似ていて、どちらも里山や藪に普通に見られ、隣り合って生えていることも珍しくありません。
葉の先端が尖ること(個体差、変異も多い)、葉裏にクモの巣状の毛が密生していないこと、巻きひげが葉と対に休まずに出ている(ブドウ属は2つ対に出たら、1つ出ない)ことなどで、判断しています。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/200
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 5
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/100
Fナンバー: 5

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 植物

2017
10
29

ニホンカナヘビ_17629a-b

ニホンカナヘビ_17629a-b
Nihon-Kanahebi
Japanese grass lizard in Kashiwa city, Chiba prefecture, Japan.
[ Takydromus tachydromoides (Schlegel, 1838) ]
カナヘビ科(Lacertidae)カナヘビ属
広い意味ではトカゲの仲間になり、関東近郊で最も身近に見られるトカゲが、ニホントカゲとこのニホンカナヘビですが、カナヘビ科特有の違いもあります。舌先が2つに割れる(トカゲは割れない)、瞼(まぶた)下から上に閉じる(トカゲは真ん中)、などですが、身近なのは2種類だけなので、その外観の違いを覚えた方が手っ取り早く実用的です。
ニホントカゲは鱗も均質でサイズが整い、全体に光沢を感じますが、ニホンカナヘビはむしろトカゲ的な鱗で、凸凹感もあって、光沢をあまり感じません。なお、ニホントカゲの幼体は青みがあって、特に尻尾は美しいブルーメタリックをしています。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/250
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 4.5
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/500
Fナンバー: 5.6

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 動物

2017
10
29

ネムノキ_17810

ネムノキ_17810
Nemu-no-Ki
Persian silk tree in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Albizia julibrissin Durazz. (1772) ]
マメ科ネムノキ属(クロンキスト体系ではネムノキ科)

実が育っています。
カメムシの赤ちゃんが写っていますが、同定できる写真を撮っていませんでした。

露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/200
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 7.1
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 植物

2017
10
29

ナガヒョウタンゴミムシ(中肢脛節)_17727c

ナガヒョウタンゴミムシ(中肢脛節)_17727c
Identification point of ‘Naga-Hyoutan-Gomimushi’ ( a kind of Big-headed Ground Beetle in Japan).
[ Scarites terricola pacificus Bates, 1873 ]
鞘翅目(Coleoptera)オサムシ科(Carabidae)ヒョウタンゴミムシ属

ホソヒョウタンゴミムシとの識別点になる、中肢脛節外縁の刺です。
ナガヒョウタンゴミムシには一本しかありません。

露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/250
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 11
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 鞘翅目:甲虫

2017
10
29

ナガヒョウタンゴミムシ(腹面)_17727b

ナガヒョウタンゴミムシ(腹面)_17727b
Naga-Hyoutan-Gomimushi
A kind of Big-headed Ground Beetle in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Scarites terricola pacificus Bates, 1873 ]
鞘翅目(Coleoptera)オサムシ科(Carabidae)ヒョウタンゴミムシ属

露出プログラム: マニュアル
露出時間: 1/125
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 16
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 鞘翅目:甲虫

2017
10
29

ナガヒョウタンゴミムシ_17727a

ナガヒョウタンゴミムシ_17727a
Naga-Hyoutan-Gomimushi
A kind of Big-headed Ground Beetle in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Scarites terricola pacificus Bates, 1873 ]
鞘翅目(Coleoptera)オサムシ科(Carabidae)ヒョウタンゴミムシ属

露出プログラム: マニュアル
露出時間: 1/200
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 10
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 鞘翅目:甲虫

2017
10
29

ミイデラゴミムシ_17708a-g

ミイデラゴミムシ_17708a-g
Miidera-Gomimushi
Asian bombardier beetle in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Pheropsophus jessoensis Morawitz, 1862 ]
鞘翅目(Coleoptera)ホソクビゴミムシ科(Brachinidae)
いわゆるヘッピリムシ(屁放り虫)の代表で、危険を感じると、『ぽんっ』という音とともに、お尻から高温のガスを発射します。ガスは尾端を向けた方向に噴射されるので、正面だからといって安心できません。
過酸化水素とヒドロキノンの反応を利用しており、発射された瞬間は100℃を超えるそうです。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/400
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 5
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/160
Fナンバー: 8


露出時間: 1/200
Fナンバー: 8


露出時間: 1/200
Fナンバー: 8


露出時間: 1/200
Fナンバー: 8


露出時間: 1/200
Fナンバー: 8


露出時間: 1/200
Fナンバー: 8

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 鞘翅目:甲虫

2017
10
29

マルガタゲンゴロウ♀_17706b

マルガタゲンゴロウ♀_17706b
Marugata-Gengorou
A kind of predaceous diving beetle in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Graphoderus adamsii (Clark, 1864) ]
ゲンゴロウ科(Dytiscidae)ゲンゴロウ亜科

オールのような後肢に比べ、水中生活での必要性があまり無いためか、前肢がとても小さいです。

露出プログラム: マニュアル
露出時間: 1/250
フラッシュ: オン、発光
Fナンバー: 7.1
レンズ焦点距離: 6
35mm換算レンズ焦点距離: 28
感度(ISO): 400
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
焦点モード: AIサーボAF
画像入力機器のモデル名: NIKON CoolPix P7700

2017/10/29 (Sun.) Comment(0) 鞘翅目:甲虫

calendar

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

search in this weblog

link

category

comments

[10/28 takao_bw]
[10/27 だんちょう]
[10/09 takao_bw]
[10/06 だんちょう]
[12/31 だんちょう(バルキング)]
[03/02 anonymous]
[02/14 takao_bw]
[02/14 dx-9]
[01/30 takao_bw]
[01/29 だんちょう]
[01/29 takao_bw]
[01/29 だんちょう]

recent articles

archive

profile

HN:
takao_bw
性別:
男性
職業:
former employee
趣味:
Photographing Japan

counter