2017
11
27

ライブラリ非表示は困るにゃ!:MacOSX updated!

updated on Nov. 27, 2017:<★追記@Nov.2017>追加(一行)
updated on Sep. 25, 2017:
OSX10.12(Sierra)でも非表示を確認、対処は同じ(アイコン意匠などはそこそこ違う)

───── 以下、オリジナル(そのまま) ─────

OSX10.8(山獅子)で確認済み

アプリケーションの動作不具合対応などで、自分のライブラリ内のファイルを一旦削除したり、バックアップから戻したいことがあります。ところが、現在のMacOSXでは、システムライブラリは見えても、自分の(ユーザの)ライブラリが非表示になってしまっています。

平時?なら、こんな時はファインダーの[移動]メニューを使いますが、単純にプルダウンを表示しても出て来ません。


そこで、 option キーを押下してあげると・・・
無事ライブラリが表示されます。

他にも例えば、自分のホームフォルダなどから、移動メニューを呼び出し、『フォルダに移動・・』を選択し、『ライブラリ』と入力してもOKです。

でも、これで安心してしまうと、本当の[いざという時]に大弱りします。
Time Machineのバックアップから、自分のライブラリ情報を戻すときに、非表示のままではバックアップが利用困難になってしまうからです。そこで、ファインダーのサイドバーにライブラリ表示しておけば、ご覧の通り・・・一発アクセス可能です。

そうそう使うもんじゃないので、そこまでどうなの?って気もしますが、実は緊急時だからこそ、簡単にアクセスできることが重要です。
 <★追記@Nov.2017>
  上述の方法で、ライブラリに移動した状態で、Time Machineに入るでも可

サイドバーへの追加は、フォルダアイコンのD&Dだけで
済みますので、表示したら忘れずに追加しておきましょう。

※ OnyX などのツールを使い、非表示項目を常に表示する
ことも簡単ですが、そうなるとファインダー表示が煩くて
見難くなりますし、不用意に削除したり移動させたりして
トラブルの元にならないとも限りません。

2017/11/27 (Mon.) Comment(0) Macのこと

2017
11
25

Time Machineからファイルを復活させる

<Mac OSX 10.12.. Sierra の備忘> Oct. 2017
  以前の雪豹(OSX 10.6..)の記事の補完的備忘・・・

Time Machine にお願い〜2

<1>メニューバーから[Time Machineに入る]を選択


<2>復活させたい[時]を選ぶ

  ▲
 どちらが先でも可
  ▼
<3>復活させたい[ファイル、またはフォルダ]を選ぶ


<4>復元場所を指定

このとき、置き換えや追加・・・だけじゃなく、任意の場所に復元することも可能

<4>の操作のときに、ライブラリが非表示のままだと困るので・・・
    事前にユーザライブラリを可視化しておくのが吉

2017/11/25 (Sat.) Comment(0) Macのこと

2017
11
20

Time Machine メニューバー表示不具合

Mac OSX 10.12.. Sierra の備忘(Sep. 28, 2017)


Time Machine のメニューバー表示が更新されていないことに気づきまして・・・バックアップディスクを見ると、最新の差分バックアップが追加されているので、動作はしているらしいのですが、手動で[今すぐバックアップを作成]しても、最新のバックアップ日時が更新されません。


何度か試したり、自動バックアップの後に確認しても、表示は替わらず、いっそ別ディスクに新しいバックアップを作成しちゃおか!?(深刻に考える癖が抜けませんね)とも考えてしまったのですが、Time Machineの環境設定で[Time Machineをメニューバーに表示]のチェックを外し、念のため再起動(不要だったかも)したら(もちろん再チェックも)、あっさり表示されるようになりました。



マイナーな問題はあるものの、MacOSX 標準のバックアップツール、Time Machine は正確というか、ま、当然の機能ではあるわけですが、完全に復旧することができる頼りになるツールです。
Macを乗り換えるときも、Time Machine でバックアップしたディスクから読み込みができるので、時短になりますし、安全です。OSを跳び越しても(今回私の場合10.8→10.12の4段跳びでしたが、動作しないアプリチェックも含め、さらりと移行できました)最新環境で、ユーザIDなどもしっかり引き継いでくれます。
環境によっては、非常に重いので、自動バックアップせず、一日の終りや、作業の節目、休憩前などに手動でも吉と思います。私の現在の環境(MBP2016/8GB:OSX10.12)では問題ありませんが、ひとつ前(MBP2010/4GB:OSX10.8)は、重くて作業に支障が出ることもありました。

実際にはフルバックアップからすべて戻すような事態はあっては困りますが、個別ファイルやフォルダなら、ファインダー操作と同じように戻せるので、不用意に棄ててしまったファイルを何度か復活させています。

2017/11/20 (Mon.) Comment(0) Macのこと

2017
11
19

オオハラナガツチバチ(♀)_17924a-b

オオハラナガツチバチ(♀)_17924a-b
Oo-Haranaga-Tsuchibachi( female )
A kind of Scoliid Wasp in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Megacampsomeris grossa matsumurai (Betrem, 1941) ]
ツチバチ科(Scoliidae)
オオハラナガツチバチの♀がいました。
初見でしたが、これまで大きいと感じていたヒメハラナガツチバチのメスと比べても、明らかに大きく太い体躯をしています。勿論大きさには個体差もあるのですが、キンケやヒメでは4つある腹節ある黄帯(毛束)は、3つしか見えません(オオハラナガツチバチ♀の特徴)でした。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/60
フラッシュ: オン、リターン検出
Fナンバー: 9
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/125
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 5

2017/11/19 (Sun.) Comment(0) 膜翅目:蜂・蟻

2017
11
19

ノシメトンボ_17924a-b

ノシメトンボ_17924a-b
Noshime-Tonbo
A kind of dragonfly in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Sympetrum infuscatum (Selys, 1883) ]
蜻蛉目(Odonata)トンボ科(Libellulidae)アカネ属
ベッコウハゴロモを喰わえているノシメトンボの♀です。
アカトンボと呼ばれ、親しまれているトンボ類の中で、アキアカネやナツアカネとは翅端が色づいている点が異なり、よく似たコノシメトンボとは胸の模様が違います。
また、腹端と、腹部からノシメトンボの♀と判断しています。





撮影データ(2枚とも)
露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/1000
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 7.1
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3

2017/11/19 (Sun.) Comment(0) 蜻蛉目:トンボ・ヤンマ

2017
11
19

クロウリハムシ_17924a-b

クロウリハムシ_17924a-b
Kuro-Uri-Hamushi
A kind of leaf beetle in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Aulacophora nigripennis Motschulsky, 1857 ]
鞘翅目(Coleoptera)ハムシ科(Chrysomelidae)ウリハムシ属
上翅、脚の黒いハムシです。頭胸部と腹部はオレンジ色で、黒い複眼が目立ちます。
ウリハムシの仲間植物が出す防衛物質を避けるため、まず葉を円形に傷つけ、その内側を食べる習性があって、トレンチ行動と呼ばれています。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/250
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 6.3
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/320
Fナンバー: 6.3

2017/11/19 (Sun.) Comment(0) 鞘翅目:甲虫

2017
11
19

カラスウリ・烏瓜_17924a-c

カラスウリ・烏瓜_17924a-c
Karasu-Uri
Japanese snake gourd in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Trichosanthes cucumeroides ]
ウリ科(Cucurbitaceae)カラスウリ属
つる性の多年草で、トホシテントウやカノコサビカミキリの食草です。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/160
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 7.1
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/160
Fナンバー: 7.1


露出時間: 1/100
Fナンバー: 7.1

2017/11/19 (Sun.) Comment(0) 植物

2017
11
15

カナムグラ・鉄葎_17924a-d

カナムグラ・鉄葎_17924a-d
Kanamugura
Japanese hop in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Humulus scandens ]
アサ科(Cannabaceae)カラハナソウ属
 → エングラー体系ではクワ科
雌雄異株(これは雌株と思われます)のつる植物で強靭な茎(蔓)を持っていますが、一年草です。キタテハの食草として知られていますが、茎と葉に小さいが鋭い刺が密生しています。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/640
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 7.1
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/800
Fナンバー: 7.1


露出時間: 1/640
Fナンバー: 7.1


露出時間: 1/800
Fナンバー: 7.1

2017/11/15 (Wed.) Comment(0) 植物

2017
11
15

ヒガンバナ・彼岸花(曼珠沙華)_17924a-d

ヒガンバナ・彼岸花(曼珠沙華)_17924a-d
Higanbana
Red Spider Lily in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Lycoris radiata ]
ヒガンバナ科(Amaryllidaceae)ヒガンバナ属
 →クロンキスト体系ではユリ科
秋の風物詩と言える多年草で、葉が出る前、9月頃美しく開花し、晩秋にロゼット状の細い葉を出しますが、葉は春に枯れてしまいます。
鱗茎は有毒で、虫や小動物に対して忌避効果を期待して、墓地や畦に植栽されることが多かったようで、人間(の生活)との関連が強い植物でもあります。基本的に山野の自生は無いようです。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/2500
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 3.5
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


タイミングよくアゲハが来てくれたのですが、複眼が花弁に被ってしまいました。
露出時間: 1/2000
Fナンバー: 3.5


露出時間: 1/2500
Fナンバー: 3.5


露出時間: 1/1600
Fナンバー: 3.5

2017/11/15 (Wed.) Comment(0) 植物

2017
11
15

エビヅル・蝦蔓_17824a-f

エビヅル・蝦蔓_17824a-f
Ebi-zuru
A kind of grapevine in Noda city, Chiba prefecture, Japan.
[ Vitis ficifolia Bunge ]
ブドウ科(Vitaceae)ブドウ属
つる性の落葉低木で雌雄異株、ノブドウ(ノブドウ属)と似ていて、どちらも里山や藪に普通に見られ、隣り合って生えていることも珍しくありません。
葉の先端の尖りが緩いか丸いこと(個体差、変異も)、葉裏にクモの巣状の毛が密生している、巻きひげが葉に対して2つ出たら、1つ出ない(2つ出て1つ休む:ブドウ属の特徴)ことなどで、判断しています。
これは、葉先の尖ったタイプ(ノブドウの葉先は更に細く伸びる)ですが、近くには丸いものも多く見られ、そちらには若い実がついていました。もしかしたら葉形で雌雄が判るかもと思ったのですが、この付近の株が偶然そうなっていただけのようです。


露出プログラム: 絞り優先
露出時間: 1/160
フラッシュ: フラッシュなし
Fナンバー: 5.6
レンズ焦点距離: 40
35mm換算レンズ焦点距離: 108
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス: ホワイトバランス自動
レンズ名: AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G
画像入力機器のモデル名: NIKON 1 V3


露出時間: 1/160
Fナンバー: 5.6


露出時間: 1/125
Fナンバー: 5.6


露出時間: 1/250
Fナンバー: 5.6


露出時間: 1/640
Fナンバー: 5.6


露出時間: 1/400
Fナンバー: 7.1

2017/11/15 (Wed.) Comment(0) 植物

calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

search in this weblog

link

category

comments

[10/28 takao_bw]
[10/27 だんちょう]
[10/09 takao_bw]
[10/06 だんちょう]
[12/31 だんちょう(バルキング)]
[03/02 anonymous]
[02/14 takao_bw]
[02/14 dx-9]
[01/30 takao_bw]
[01/29 だんちょう]
[01/29 takao_bw]
[01/29 だんちょう]

recent articles

archive

profile

HN:
takao_bw
性別:
男性
職業:
former employee
趣味:
Photographing Japan

counter