2014
07
20

♪展足にお知恵拝借虫・・・

最近の私の展足です。

中型のアカネトラカミキリです。
跗節の向きなど、それなりに自由奔放ではありますが、これでも、今までの私からは想像できないほど、自己満足度は高いのであります。

元来細かい手作業は嫌いじゃないくせに、ヘタッピです。
なので、展足も嫌いじゃないくせに、仕上がりがどうしようもありません。下手なりに仕上がっていればまだしも、触角を折ったり、跗節どころか腿節から脚部を折り飛ばしてしまったり、小型種の場合は胸と腹部をサヨナラさせてしまう、等々・・・・折角いただいた命を、不本意ながら散々な目に合わせてしまう事も多いのです。

そんな私ですが、少し結果を出せるようになりました。

最近取り入れさせていただいているのが、KOH16-Method(私が勝手に名付けているだけですが)です。針も少なくて済み、中型以上のカミキリムシでは、仕上がりが明らかに違います。

★展足板(台)の工夫
  溝を作って、それに虫を嵌め込んでしまいます。
  (溝加減が案外微妙なので、私はまだ大型種のみ)
★押さえの工夫
  小さな厚紙片を利用して、細かなパーツ(主に跗節)を
  押さえてしまいます。これは、私にもでき、効果覿面です。
  中型種以上の展足に応用させていただいてます。

・・・で、展足作業中の、中型のアカネトラカミキリです。

行儀の悪い跗節を押さえるのに使っています。
素晴らしいのは、針一本で跗節が決まる事で、行儀が悪くなくても、位置決めが必要なときには、迷う事なく使うようになりました。
また、虫体の浮き上がり防止にも応用しています。

大型のヤマトタマムシです。

台紙に貼ったり、虫体にピンは刺していませんが、溝(緩いVですが)を掘ったため、虫体が回らずに済んでいます。この状態で足を整えると、虫体が浮いてしまうため、紙の帯で押さえています。この紙を押さえるのにも、ピンそのままだと、開いた穴で針が滑り、押さえの役を果たしてくれませんので、紙を押させるのにも使います。


触角の長い種類なら、その高さ調整にも厚紙片で押さえたり、厚紙片に載せたりすることができるので、とても簡単です。もう少し私のスキルが上がれば、小型種についても結果が出せるようになるはずです。

※※
今のところ息子の展足と、これまでの私の展足の中間くらいの仕上がりですが・・・それでも満足度が高く、『独りで出きるかも!?』という気持ちになっているのであります。

ご参考:とても判り易く図解されています。

 KOH16 さんの Weblog
    ▼
  ムシトリアミとボク
    ┗  チョー簡単展足方法

お世話になってますm(_ _)m

2014/07/20 (Sun.) Comment(2) 記録:簡易レポート

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Thanks for your comment, Williamfex-san!

takao_bw URL 2015/03/25 (Wed.) 16:14 edit

Nice post )
http://anmdcf7i.com my blog

Williamfex URL 2015/03/25 (Wed.) 09:34 edit

calendar

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

search in this weblog

link

category

comments

[10/09 takao_bw]
[10/06 だんちょう]
[12/31 だんちょう(バルキング)]
[03/02 anonymous]
[02/14 takao_bw]
[02/14 dx-9]
[01/30 takao_bw]
[01/29 だんちょう]
[01/29 takao_bw]
[01/29 だんちょう]
[01/28 takao_bw]
[01/26 だんちょう]

recent articles

archive

profile

HN:
takao_bw
性別:
男性
職業:
former employee
趣味:
Photographing Japan

counter