2017
08
21

接写レンズのフードはペアで・・・

ノーマルな状態の、フード付き AF-S DX Micro Nikkor 40mm f/2.8G です。

ところが、接写には邪魔だし、ストロボ利用時には、肝心の光を遮ってしまいます。

そこで、取り付け部付近だけを残して、切ってしまいます。

樹脂製とはいえ、結構丈夫なので、手作業だとそれなりの時間が掛かりますが、作業自体は簡単です。

そして、ディフューザの押さえ環や、落下防止フランジとして使っています。

夜間のフィールド撮影では、狭い林内での移動もあり、傾斜をよじ登ることもあります。場合によっては、簡易三脚にネットまで持っての移動になりますので、これまで何度かディフューザを落としてしまいました。しかも、それに気付くのは、移動後に次の撮影をしようとするタイミングなので、探せないことも多く、こんな感じにシーズン毎にディフューザを買ったり、作り直す(これが面倒くさい!)のは『まじかんべん』なのであります。

最近のレンズフードは、専用のバヨネットタイプが多いので、フィルター取り付けネジサイズに合わせた広角用のネジ込みフード流用も検討してみましが、押さえ環としての機能を持たせ難く、接写レンズには、標準付属のフードを追加発注し、加工しています。

2017/08/21 (Mon.) Comment(0) カメラのこと

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

search in this weblog

link

category

comments

[10/28 takao_bw]
[10/27 だんちょう]
[10/09 takao_bw]
[10/06 だんちょう]
[12/31 だんちょう(バルキング)]
[03/02 anonymous]
[02/14 takao_bw]
[02/14 dx-9]
[01/30 takao_bw]
[01/29 だんちょう]
[01/29 takao_bw]
[01/29 だんちょう]

recent articles

archive

profile

HN:
takao_bw
性別:
男性
職業:
former employee
趣味:
Photographing Japan

counter