2016
04
29

♪簡易ディフューザ・・・悪戯レベル

簡易ディフューザをあれこれ試してます。
今回はウェットティッシュケースで遊んでみました。

だいたいが思い付きなんですが、今回もふと『ウェットティッシュの蓋ってワイアレススピードライトのアタッチメントに合うんじゃねぇかぁ!?』
合せてみたらドン・ガバチョ!

蓋の部分だけ取り付けたままにして、いろいろ楽しめそうです。
そこで、先ずは何の工夫もせずにケース本体をねじ込んで、そのまま均等に3灯配置して撮ってみました。
結論から言うと、配光は変えないと駄目(当然ですよねぇ)で、デュフューズする筒の部分も材質や形状を変えて準備しておけば、予想案外な活躍をしてくれそうな雰囲気でした。

腕時計:ディフューザなし(以下拡大画像ちょっと大きめです)

zippo火口付近:ディフューザなし

使い捨てライター:ディフューザなし


腕時計:ディフューザあり

zippo火口付近:ディフューザあり

使い捨てライター:ディフューザあり

(色味が違うのはケースを通った光が赤みを帯びるためです)

ディフューザなしでは、全体に輝点周辺の色の染み出しやぎらつき感はありますが、3灯を均等に焚いているためか、案外良い感じに撮れています。通常撮影ならむしろこちらが良いかも、と思えるほどでした。
ディフューザを使った方は、ぎらつき感は見事になくなり、解像も上がっているのですが、のぺっとしてしまい、立体感や“物々しさ”が消えてしまいました。

金属光沢の強い虫のディテールが欲しい時はこのままでも使えそうですが、質感や立体感に乏しくなりますので、配光やデュフューザの素材に工夫が必要(当然)です。
簡単に脱着できるので、その強みを活かせるよう、もう少し遊んでみます。

2016/04/29 (Fri.) Comment(0) カメラのこと

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

search in this weblog

link

category

comments

[12/31 だんちょう(バルキング)]
[03/02 anonymous]
[02/14 takao_bw]
[02/14 dx-9]
[01/30 takao_bw]
[01/29 だんちょう]
[01/29 takao_bw]
[01/29 だんちょう]
[01/28 takao_bw]
[01/26 だんちょう]
[01/24 takao_bw]
[01/22 だんちょう]

recent articles

archive

クリックで救えるいのち

profile

HN:
takao_bw
性別:
男性
職業:
retiree
趣味:
写真撮ってます

counter