2013
02
27

♪クロップの“誘惑”

Nikonのフルサイズ一眼には“クロップ”という機能があって、APSサイズ用のイメージサークルの小さなレンズを最初からAPSサイズにして記録することができます。
後でトリミングしても結果は変わりませんが、ファイルサイズが小さくなり、連写スピードが上がるというメリットがあります。

というわけで、
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED というAPS-C(NikonはDXと呼んでます)向けのレンズをD800Eに着け、クロップで撮ってみました。

<ワイド端>

F ナンバー: 16
レンズ焦点距離: 18
35 mm 換算レンズ焦点距離: 27

<望遠端>

F ナンバー: 14
レンズ焦点距離: 200
35 mm 換算レンズ焦点距離: 300

<共通データ>
露出プログラム: シャッター優先
露出時間: 1 / 640
ストロボ発光せず、強制発光モード
ISO スピードレート: 800
測光方式: 分割測光
ホワイトバランス自動

この機能があるからと言って、わざわざDXフォーマットレンズを購入するなんてことはあり得ませんでした。少なくもとD800以前なら、手持ちのレンズを活用するという意味でしかありませんでしたが、D800の高画素だと、クロップ後も15MPを確保出来ますし、フルサイズに比べてレンズ価格も格段に安いので、DXフォーマットの接写レンズや、高倍率ズームを追加で買っても良いかも、と揺らいでしまいそうです。

2013/02/27 (Wed.) Comment(0) カメラのこと

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

calendar

06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 11 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

search in this weblog

link

category

comments

[07/14 takao_bw]
[07/13 だんちょう]
[03/31 takao_bw]
[03/29 だんちょう]
[03/18 takao_bw]
[03/12 だんちょう]
[01/21 takao_bw]
[01/20 だんちょう]
[01/08 takao_bw]
[01/06 だんちょう]
[12/28 takao_bw]
[12/28 だんちょう(バルキング)]

recent articles

archive

profile

HN:
takao_bw
性別:
男性
職業:
former employee
趣味:
Photographing Japan

counter